第21回ファインド・アイ 現代・文人光画展 出展

ファインド・アイ文人光画展が始まりました。

写真を撮る時の気持ちが現れる‼︎と発見しました…どうなっているか?
被写体への好奇心…一歩踏み込む前向きな攻撃性が魅力的に撮る為に必要だと。

写真になった時の構図まで浮かんだら…どんどん撮りたくなるのかなと先輩方の作品を見て感じました。
とても見応えのある作品展です。

◆御目文字 個々での出展◆

入り口でお出迎えします!
格子貼り屏風仕立ての「鏡華水月」「ヒポカンタス〜生命の記憶」

三列めの通路側で会の最後の位置に〜
立体的な額が資格効果を惑わす「心のネガ」

是非ご高覧下さい〜

 

第21回ファインド・アイ現代・文人光画展image

■会期 8月31日(水)-9月4日(日)
■時間 午前10時-午後6時
(最終日は午後5時終了)
■会場 京都文化博物館 5階
■時代の記憶………【いま】
「京都ファインダー倶楽部」は、種々の領域で活動する多彩な人達によって構成された異色の集団です。通俗的な思考と隔絶した格調高い個性を希求しながら、文化や芸術について語り合える集団を目指しています。そして、真の意味での光画の原点に立ち戻り、その魅力と可能性を探索します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中